昭和28年(1953年)、私たち日本金属株式会社は錫滓や錫付鉄くずを回収し、そこから錫を再生させるというシステムを作り上げることから、企業としての第一歩を踏み出しました。戦後復興から高度成長にかけて、日本は様々な製品を次々と生み出してきました。しかし、その一方では、毎日のように不要となった廃材料が生まれては捨てられてゆきました。「人間が勝手な都合で生み出した廃材を、きちんと有効利用する事で環境への責任を果たすのが私たち人間の義務である。」 会社設立当初からのこのポリシーは、昨今のリサイクル思想と呼応し、時代のニーズに応えられる企業として成長してきました。例えば、『夢の金属』と形容されるマグネシウムの持つ特性を活かしたダイカスト製品部門や合金地金部門、あるいは『第二の鉄』と呼ばれたアルミニウムの製鋼用添加剤部門などに進出を果たしました。また、グローバル化の進む製造業界のニーズに応えるべく、中国は恵州と保定に工場を構えるなどの活動も積極的行っております。エコロジーリサイクルシステムの先駆者として、私たちはこれからもチャレンジを続け、未来に向かう人類の夢を叶える手助けをしていきたいと願っております。

In 1953,Nippon Kinzoku developed a system for recycling tin from such waste products as tin sediment and scrap tin-plated iron. This system proved compatible with the emerging awareness of the importance of effectively using the artificial waste generated by human activities. Applying to high growth from revival after the war, Japan produced various products one after another. However, on the other hand, the charge of scrap wood that became unnecessary like every day was thrown away. "It is the duty of the human beings that we do the responsibility for environment by using scrap wood effectively perfectly." This policy from the time of incorporation procedures is in sympathy with the recycling thought of these days, and grows as a company that can respond to the needs of a time. For example, advance was achieved into the die-casting product section of magnesium, the alloy metal section or the die-casting section of aluminum, the alloy metal section, the additive agent section for steel manufacture, etc... Furthermore, we advances to China, to responds the needs of the manufacture industry where globalization progresses. As the pioneer of an ecology recycling system, we will continue a challenge from now.